ペットの葬儀、供養、納骨

ペットのご葬儀から、納骨までの流れ


Megumiさんの可愛がっていたミニチュアダックスの、Kiraraは、平成29年8月18日に永眠しました。

火葬をされたのち連絡があり、ご家族でおみえになって、本堂にてご葬儀を営みました。

Kiraraは、数奇な運命を背負ったワンちゃんでした。

別府の公園で、瀕死の状態にあるのをMegumiさんに見つけられ、すぐに病院へ。

医師は、虐待を受けていて、十分な食べ物も与えられていなかったのではとの診断。

もう一匹飼っていた、Mackの半分くらいの体格の、小さな犬でした。

過去の虐待の影響か、病気がちで、晩年は目も見えなくなっていました。

ご葬儀が終わって一年たっても、思い出すと涙が止まらず、「Kiraraは私のところに来て、幸せだったんでしょうか・・」と涙されていました。

もちろん幸せだったでしょう。あの時見つけてもらえなかったら、数時間ののちには、絶命していたでしょうから。

Megumiさん家族のもとで、人の優しさ、愛情を十分に感じることが出来たのですから。

二匹のお骨は自宅に祀り、絶対に手元から離すことはないとおっしゃっていましたが、【放生慈斉塔】が完成しました。

そこで、ちょっとした心境の変化が。「お上人の所なら、そのほうが二匹も幸せかもしれませんね」とおっしゃって。

祥月命日の平成30年8月18日、佐々中央霊園内、「普賢堂」において、ご家族揃って一周忌法要を営みました。



一周忌法要の様子


その後、放生慈斉塔前に移動して、納骨式を営みました。




骨壺に、識別のラベルを貼付け




いよいよ、Megumiさんの手元を離れ、納骨されます


二匹並んで、納骨されています。




プレートも設置されました。

その後

「手元から離して寂しくないですか。」と質問すると、「大丈夫ですよ。ホッとしました。お参りに来るのが楽しみですし」と言われています。

「僕は、霊園を造ったんじゃないんですよ。デートスポットを造ったんです」とよく言っています。

園内、四季折々の花が咲いていますし、眺望も抜群。特に夕焼けの時間は最高ですし、花火鑑賞スポットです。

お墓を建立された方も、来ると気持ちがいいからと、頻繁にお参りされています。

人も、ペットも気持ちのいい環境で、ゆっくりと眠ることが出来るところです。